NHK まるごと東洋医学SPホントのチカラ 8

  • 2018.12.13 Thursday
  • 12:51

                            ヨガの健康効果を検証

100歳になってもヨガで元気

自身もヨガをするタレントの仲里依紗さんがニューヨークの100歳ヨガインストラクター、タオ・ポーションリンチさんを訪ねました。


100歳になっても元気でひとり暮らしをしているタオさんの脳波を測定し、東京国際大学人間社会学部の麓正樹教授に解析していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集中力がアップし記憶力が良くなるθ波の量がヨガ前は50%ヨガの最中は58%、そしてヨガが終わってからも59%と1.2倍に増えました。

 

ヨガで神経細胞が増え脳が活性化

ハーバード大学医学部のサラ・ラザー准教授の研究によると、ヨガをした人の脳では、海馬の密度が8週間で3%増加したことが確認されました。これは神経細胞が増え海馬の機能が活性化したことを意味します。
つまりヨガは脳の老化を防ぐのに役に立つことが分かりました。ヨガのポーズや呼吸、瞑想にストレス軽減効果があり、不眠やうつが改善するそうです。

 

癌患者の睡眠障害が改善

テキサス州立大学 MDアンダーソンがんセンターでは、ヨガを抗がん剤で治療中の患者の睡眠障害に利用しています。患者の8割に見られる睡眠障害で体力気力が衰えるのを防ぐ為です。5人の患者さんがヨガに参加している様子が映し出されました。この病院では1年間で74人がヨガをして、眠気による日中の生活障害の程度が二割ほど減ったそうです。

 

子供の心の問題がヨガで改善

ニューオリンズの小学校では3年生100人にアンケートを行ったところ、52人が日常的に不安を持っている事がわかりました。
そこで、チューレン大学公衆衛生熱帯医学部のアレサンドラ・バッザーノ准教授の指導の下、カウンセリングをした上で10週間ヨガをさせた子供とさせなかった子供で不安の改善度合いを比較したところ、ヨガをした子供は全員が改善したのに、ヨガをしなかった子供の改善は半数に止まりました。

これはヨガによるリラックス効果で不安が和らいだためだと考えられます。そこで、ルイジアナ州ではヨガレッスンを小学校で取り入れています。


日本でも福井赤十字病院では2年前から看護師のヨガ教室を週に一度昼休みにやっています。指導はヨガインストラクターの資格を持つ齊藤素子医師です。

看護師の重圧から来るストレスを軽減するためです。

ストレスを溜めないで病気を予防するために、地域の人向けの教室も始めました。