NHK まるごと東洋医学SPホントのチカラ 4

  • 2018.12.10 Monday
  • 23:13

米軍が開発した驚異の耳鍼に世界が注目!

 

アメリカのアンドリュース空軍基地にある「鍼、統合医療室」で、強い腰痛を訴える兵士の耳に医師が鍼を2本刺しただけで楽になる様子が映し出されました。
治療前は痛みが頭から離れない状態のレベル7〜8だったのが、治療後はレベル1にまで軽減しました。

 この耳鍼はリチャード ニエムゾー医師が考案した戦場鍼治療で、専用の器具で簡単に刺入できるように開発されています。

リチャード医師の研究によると、耳ツボに鍼を刺すと脳の前頭前野の活動が活発になることが分かりました。
前頭前野は痛みを感じる扁桃体などの興奮を抑える役割があると考えられる部位なので、鎮痛効果が出たのではないかと考えられています。
このため急性慢性どちらの痛みにも効果があるのだそうです。

この治療は医薬品が不足している災害時医療現場でも応用でき、鍼をポケットに入れて大量に運んで、多くの人の痛みを減らすことができるそうです。

 

また、東京有明医療大学保健医療学部の安野富美子教授によると、耳ツボ刺激は脳の満腹中枢を刺激して食欲を抑えるほか、レプチンという食欲を抑えるホルモンを分泌することが分かっているので、ダイエットにも応用できるそうです。