サッカーワールドカップ雑感

  • 2018.07.02 Monday
  • 19:36

 

スポーツ観戦の醍醐味は、勝手気ままに自説を唱えながら見ることにある。サッカーに興味が薄く聞き役に回ってくれる家内を相手に、言いたい放題しながら楽しんでいる。

 

 コロンビア戦はひょっとして一発レッドカードが出て1−1もしくは1−2でコロンビアと予想した。

結果は2−1で日本が勝った。ひょっとしたレッドカードが初っぱなから出た。ドローか負けると予測したことを棚に上げ、レッドカードが出たことを1日中家内に自慢しまくった。「やっぱり試合はやって見なきゃわかんないんだよ」まるで最初からレッドカードと2−1で日本の勝利を的中させたかのような口ぶりだ。

 

   次のセネガル戦は私の鼻息も荒かった。「世の中は、負けると思ってるだろうが、俺はそうは思わないよ。組織戦で相手のエースを封じ込め続ければ、アフリカンはいらついてばらけるし、やる気をなくすかもしれないさ。そしたらこっちにも勝機はあるよ」
なんて言っておきながら、先制点を取られた途端、内心「あーやっぱりダメだ」とテレビの前から離れてしまった。

 

   パソコンに向かって仕事をしながらちらちらとネットで速報に目をやる。「おっ、1点反した。やば!見なきゃ」とまたテレビの前に陣取る。なんとも節操の無いサポーターだ。こんな日和見な応援姿勢を家内から突っ込まれないことを良いことに、翌日はセネガルに2回のビハインドを跳ね返した成長ぶりを蕩々と自慢する。

 

   かくして最終のポーランド戦で3−1の大勝を宣言した。自信満々である。この時も夜中で家内が見ていなかったのを良いことに、翌朝は西野監督の「大人の采配」を褒め称える話しにすり替えて1日をやり過ごした。

 

  さて、結果的に家内の手のひらで踊らされている私は、甘え放題甘えながらワールドカップを楽しんでいる。「ベルギーが優勝候補だからといって、100回戦えば日本も3回ぐらい勝てるでしょ。だったらその試合を1番最初に持ってくるにはどうするかを考えればイイだけだよ。」ってな調子で勝つための方策を考え続けている。

 

   幸いなことに、メッシもロナウドも組織力に封殺されて敗退した。やる事をやれば勝てる。「日本は初めてのベスト8に向けて全力で挑む。ベルギーは優勝を見据えてブラジル戦も考慮した布陣で挑まねばならない。次の試合どっちに分があるかオシムも言ってたとおりさ」ベスト4に挑む心構えを今からしておかないと、いけないかもね。

 

   今宵も私の取って付けたような論説が夫婦二人だけの食卓を賑わす。