直虎 LOVE 自灯明

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 20:58

自灯明


 第13回のNHK大河ドラマ「女城主直虎」の名場面

 

 領内の村から借金棒引きの嘆願がだされた。それに対する奇策を思いついたものの本当に実行して良いものか悩む直虎。相談に乗った南渓和尚の言葉が私の心をとらえた。 

 

 直虎の考えた奇策とは、銭主(貸し主)である瀬戸村の方久という商人に領地を与え、その領民を使って商売をさせることで年貢を増やし、それを借金の返済に充てると云うもの。それを聞いた南渓和尚は、「わしは相当におもしろい考えじゃと思うが、何を迷う」と尋ねる。

 

直虎は「あのようなことをして許されるのかと、、、」と案じる。

 

「許されるも何も、おぬしには筆一本でそれが出来る力があるではないか」と和尚は決断を促す。

「私は今まで力がないと云うのは悔しいことだと思うておりました。なれど、力を持つと云うのは、実はとても怖いことなのだと。
私の決めたことがまこととなるということは、、」と権力の影響力と責任の重大さを自覚する直虎に、釈迦入滅前の教えをもって南渓和尚は諭す。

 

「かようなことに正解など無いしのう。結果が良ければ正解とされ、そうでなければ間違いとされる。うまく行くかいかぬかは、だーれも請け負うてはくれぬ。己の信じたものを灯りとし進んでいくしかないのう」

 

直虎はその意味を理解し問いかける。「自灯明。でございますか」

 

それに答える和尚の言葉がすばらしかった。

「自灯明は人の上に立つものの喜びであり、また辛さでもあろうのう」

 

 自営業者は常に経営判断を迫られながら生きている。思い通りにはならない経営に、自分の判断が間違っているのか?自分が乗っている波が悪いのかと悩みは尽きない。寝ても覚めても経営のことが頭を離れない。そんなことを長年繰り返して来ると南渓和尚の言葉が実感として染み入ってくる。

 

「経営に正解などないよ。うまく行けば世間はそれを正解だと言うし、うまく行かなければ間違いだと評価する。にもかかわらず、世間の誰も成功を請け負ってはくれない。だから結局は自分の心に灯る明かりに従って信じる道を歩んでいくしか無いのさ。」

 

 結局経営に正解はない。結果のみで判断される厳しい世界なのだ。しかし、成功の法則がないかと言えばそうではない。商を長く続けることを是とすれば、おのずとやるべき事、守るべき事、してはならないことの原則は確かに存在する。その原則に則ることが法灯明であり、最終的に自分が何を成し遂げたいかによって向かうべき道を決めるのが自灯明となる。自分の心に住む仏性を信じ、それが照らす明かりを頼りに道を進んでいくことが正解のない世界の歩み方だと和尚は諭す。

 

 そして最後に、他人の指示に従うのではなく、自分の心の明かりを頼りに道を進んでいける事は人の上に立つもの(自営業者もしかり)にとっての誇りであり、喜びである。と同時に辛さでもあると深い言葉で締めくくる。

 

 最近事業継承を見据えながら今後の経営の方向性を模索している私にとって、進むべき道を照らしてくれたありがたい内容だった。