CSUN留学記1

  • 2006.03.28 Tuesday
  • 18:10
私が24歳でカリフォルニア州立大学ノースリッジ校CSUNに半年ほど語学留学したときの見聞録です。

手話でハロー

私の通った大学は全米でも一、二の福祉施設の完備された学校で、一般の学生達と身体に障害のある学生達が、自然体で学園生活を送っている姿は私を驚かせた。アメリカ人は身障者に対して特別な感情を抱かないようだ。又身体の不自由な学生もこれと言って気後れするでもなく、ごく普通の学生として振る舞っている。まあ、そう言って両者を分けて考える私の方がおかしいのかもしれない.....

休み時間、学生でごった返す廊下を車椅子が人をかき分けながら進んで行き盲導犬を連れた学生が教室に急ぐ姿が見られる。教室を覗けばたった一人の耳の不自由な学生の為にも手話通訳が二人付いて、教授のことばを伝えている。学生同志和気あいあいと冗談を言い合いながら勉強している。そんな自然な雰囲気と、誰にでも学ぷチャンスを与えようとする大学の姿勢に驚き、感動した。


私が入っていた寮には、耳の不自由な学生が多かった。中には耳も目も不自由な学生もいた。そんな人達と一般の学生は、実にうまく生活していた。それを象徴する出来事は、よく寮の食堂で見られた。

耳も白も不自由なキャサリンという学生が、盲導犬と一緒に食堂に入って来ると、どうやって手を貸そうかと迷っている私を尻目に、当番の学生がさっ
と彼女の手を取り手話でメニューを伝え始める。キャサリンの手のひらに指でアルファペットを綴って行くのだ。

キャサリンは声を出してそれに答える、その隙に後ろに並んでいた学生が、キャサリン用のトレーをカウンターの上に置いて、後は自分の料理を取って行ってしまう。彼女が料理の前に立つと、カウンターの奥から給仕係りの学生が、彼女の手を取り注文を聞いては料理を盛りつけてやる。

彼女はトレイを触ることなく隣りの料理の前に移動する。その間彼女を追い越していく学生が料理のトレイを隣りに移動させてくれる。同じ事がくり返されながら飲み物もデザートもそばを通りかかった学生が一つづつ揃えて行ってやる。

しまいにタイミングよくそこを通りかかった学生が彼女の料理が載ったトレイを指定席に運んでおく。彼女はちゃんとセットされたテーブルについて食事を始める。と言う様に、誰かれなしに側にいる者がちょっとずつ彼女に手を貸して行くのである。

彼女が食事をしている間は誰も近よらず、食事が済んだと見ると誰か近寄ってっては話しかける。楽しそうな会話が終わると又一人、別の学生が冗談を彼女の手の中に打ち込んで行く。彼女の盲導犬と戯れる学生もいる。実にさらりと彼女とのコミニケーションをやっている学生達を見て、私は強く心を動かされ、手話を覚える事にした。

ある日、手話の練習をしていると、アメリカ人の学生が手話で私に話しかけて来た。「へ−君も手話ができるの?」驚いてそう言った私に彼は笑いながら、寮中の学生ができる事を話してくれた。それを証明するかのように、部屋の前を通り過ぎる学生に彼が手話で合図を送ると、皆んなすかさず手話でジョ−クを飛ばして行ってしまう。私はこの時ことばで表わせない程この学校に来て良かったと思った。

それにしても、日本でこんな事があたりまえになるのは、あと何十年先の事なのだろうか。                     つづく
コメント
コメントする