玉川病院研修生時代の思い出 1

  • 2006.04.02 Sunday
  • 23:16
やり直しの決意
昭和五十五年鍼灸学校を卒業後、カイロプラクティックの勉強とアメリカ留学を経て約2年して帰郷し開業した私を驚くような事の連続が待っていました。 

「じいちゃんが転んだがら来てけろ」と朝の4時に電話があり行ってみると、耳が半分ちぎれていたり、「おらいぇのばばなんだが変だがら来て見でけろ」と言われて行ってみると、脳腫瘍で5分おきに癲癇発作を起こしていたり、「ばっちゃが腰痛いがら出張してけろ」と言われて行くと、背骨がつぶれて激痛で苦しんでいたりと、鍼灸治療で対処できないような依頼が次々と舞い込みました。

当時の私には十分な現代医学の知識が無く、この患者さん達に何が起こっているのかさえよく分かりませんでした。開業するには鍼灸の知識だけでなく、かなり高度な現代医学の知識が必要だと痛感させられ、開業2年を待たずして、東京の玉川病院で現代医学と鍼灸治療を勉強し直す決心をしました。
 
コメント
コメントする