NHK まるごと東洋医学SPホントのチカラ2+解説

  • 2019.01.07 Monday
  • 10:56

                  ”寛颪呂覆璽好肇譽垢魎墨造垢襪里?

 

まずは百会の鍼がなぜストレスを緩和するのかの実験です。昭和大学医学部の砂川正隆教授が行った実験が紹介されました。
 
一匹だけ容器に閉じ込められたラットはストレスを溜めて攻撃的になります。このラットの百会に鍼を貼ると、途端におとなしくなるのを観察することができました。

 


  この理由を探るためラットの血液を採り、ストレスホルモンのオレキシン濃度を測ると、百会に鍼をしたラットの方が鍼をしないラットより少ないことが分かりました。


これは百会の刺激が脳の視床下部に働きかけて、ストレスホルモンのオレキシンの分泌を抑えているからだと考えられ、百会にはストレスを軽減する力があることが分かりました。


                

  △覆種で筋肉のこわばりが取れるのか?

 

次に、背中に鍼を刺してなぜ筋肉がゆるむのかを、大阪体育大学体育学部の石川昌紀教授に依頼して実験してもらいました。
トレーニングでパンパンに張ったふくらはぎをエコーで観察すると、筋肉が硬くなって血流が悪化しているのが分かります。


そこに鍼を打ってから再び確認すると、筋肉の血流が改善し、堅さが減っているのが分かりました。

エコーの画像では赤い部分(血流が良く筋肉が柔らかくなっている所)が増えているのが観察されます。
つまり、鍼を刺すことで筋肉の血流が改善し、こわばりが取れるというわけです。
                                       
              なぜ患部から離れたところにも鍼を打つのか?

 

土田晃之さんの治療では腰にズンと響かせる鍼で腰の痛みを取っていましたが、この響かせて痛みを取るやり方は、筋膜治療やトリガーポイント鍼療法と呼ばれるものであり、近年これに関する研究が進んできました。

 

そこでトリガーポイント鍼療法の第一人者、明治国際医療大学鍼灸学部の伊藤和憲教授に実験を依頼しました。

頚肩こりを訴える4人の女性の二の腕を押してみると、4人中3人が頚肩腕に症状の再現を見ました。


  これがトリガーポイントと呼ばれる痛みの発信源です。

次に押したところに鍼をすると、直後に頚肩の凝りが楽になり首も回るようになりました。

このように痛みの発信源を治療すると、広がって感じていた凝りや痛みが解消できるという実験でした。

凝りや痛みが広がるパターンは東洋医学で云う経絡(けいらく)とほぼ一致しており、これを解消するには、痛みの発信源となっているツボに鍼を刺さないと効きません。


西洋医学ではこの痛みの発信源をトリガーポイントとよび、驚くことにツボの場所と約90%一致していることも分かってきました。

以上のような実験から、腰痛治療で様々なところに鍼を打つ理由が明らかにされました。

 

院長の解説

続きを読む >>

NHK まるごと東洋医学SPホントのチカラ 1+解説

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 19:48


去る9月24日放映されたNHKのテレビ番組「まるごと東洋医学スペシャルホントのチカラ」は、1時間番組が連続2本とこれまでにない随分チカラの入った特集番組でした。録画を見直したら覚えきれないほどの項目の多さに驚きました。もったいないので、私の視点からの解説を入れて整理してみました。

                                       
              鍼灸の実力を土田晃之(てるゆき)さんの腰痛治療で解明

 

慢性腰痛で悩んでいる芸人土田晃之さんが、東京都港区にある北里大学東洋医学総合研究所を訪れ、伊藤剛客員教授から鍼灸治療を受ける様子が紹介されました。


治療は先ず頭の百会(ひゃくえ)と言うツボに鍼を刺すところから始まりました。
百会はストレスを軽減する効果があると言われており、腰痛もストレスの影響も受けることから、先ずこのツボが選ばれたようです。

 


次に、強ばって背骨の並びを歪めている筋肉を鍼でほぐします。治療前は背骨の並びがガタガタだったのが(青い線)、治療後はまっすぐに近くなっています(赤い線)

 


最後に腰に鍼を刺し、ズンとした響きを与えながらツボを刺激して痛みを減らします。さらに灸頭鍼(刺した鍼の頭に艾を付けて燃やす温熱療法)も加えました。これを2週に1回繰り返して腰がほぐれ調子が良くなったと本人が証言していました。

こうした治療手順の根拠がこの後様々な実験で裏付けられていきます。
                                       
 院長の解説↓                                    
                                       

続きを読む >>

NHK まるごと東洋医学SPホントのチカラ 11

  • 2018.12.20 Thursday
  • 20:07

                    お灸で結核を治療するinアフリカ!

アフリカ・ウガンダの首都・カンパラのキスグ病院では、お灸が結核の治療に使われています。

結核はかつて日本で大流行し、大勢の死者を出した病気です。原因は、結核菌の感染です。栄養不足などで免疫力が低下すると体内で菌が増殖し発症します。その結核が今アフリカで猛威を振るっているのです。年間の死者は数十万人以上。

 

問題は、治るまで治療薬を続けられる経済力が無い人が多いため、中途半端な治療により薬が効かない耐性菌を増やしてしまうことです。さらに、エイズにも感染している人もいて、治療が大変難しい状態です。

 

この事態を打開するために立ち上がったのは、英国人鍼灸師マーリンヤングを代表とするボランティア団体・モクサアフリカのメンバーです。彼らが治療法としてお灸を選んだのは、1929年に九州帝国大学の原志免太郎博士が行った結核に対するお灸の効果の研究論文がきっかけでした。

 


原博士は結核菌を感染させた兎にお灸をすえるとどのぐらい治るのかを研究しました。
結果は、感染前からお灸をすえていると、治る率が最も高く、結核感染後お灸を開始するのが早いほど治る率が高い事がわかりました。これはお灸によって身体の免疫力が高まった為だと考えられます。マーリンヤングさんたちはこれに注目したわけです。

 

さらにお灸の利点は、艾の原料がヨモギなので、現地で栽培できて自力で艾を作ることができる。練習すれば自分で治療ができる。治療にかかるお金がほんのわずかである。つまり、いつでも誰でも安く治療ができる点がアフリカの結核治療にとって最大の魅力でした。


そこで先に紹介したカンパラのキスグ病院で、お灸による結核治療の臨床試験が行われているのです。
そのプロジェクトを手伝うのは共同研究者の薬理学者でフシテマ大学健康科学部のポールワアコ教授です。

 

 

足の三里にお灸をすえて血液を調べると、免疫細胞を運ぶヘモグロビンの量が50%も増え、薬だけで治療した場合の17%と比べると、格段の効果です。

 

さらに、患者さんの快復率を比較すると、お灸を追加した方が快復期間が短く快復率も高い事が証明されました。(通常治療は2カ月で25人中12人が回復したのに対し、お灸を追加した方は25人中20人が回復。さらに、通常治療は6カ月やっても21人しか回復しなかったのに対して、お灸を追加した方は5カ月で25人全員が回復しました。)

 


こうした結果を受けて、ウガンダの病院で導入が少しずつ広がっています。
また、実際にお灸で結核が治った人は、回復した今も再発防止のためお灸を続けている様子も映し出されました。

 

 

お灸で免疫力がアップするメカニズム

北里大学東洋医学総合研究所・伊藤剛客員教の解説によると、ツボの効果プラス、熱刺激によりヒストトキシンや白血球などの細胞が活性化し免疫機能が向上だそうです。

 

NHK まるごと東洋医学SPホントのチカラ 10

  • 2018.12.17 Monday
  • 23:44

方薬

 

人参養栄湯で認知機能を改善

大井戸診療所の大澤誠医師は認知症患者の食欲低下改善を目的に、人参養栄湯を12週間投与したら食事量が平均で25%アップし、認知機能テストでも平均2点の改善が見られた事を報告しました。集中力が増して物事に打ち込める人が出てきたと話されます。
人参養栄湯を飲み続けている小林義雄さんの様子を奥さんの末子さんが「今までだったら2〜3分で忘れていたことを覚えている」と語ります。

 

アルツハイマー病で認知機能が衰える原因の一つにミエリンが減っている事が知られています。ミエリンは神経の信号をスムーズに伝える役割を果たしています。人参養栄湯はミエリンの減少を抑えたり、新たに作り出したりすることで認知機能を改善しているのではないかと考えられています。


                                       
六君子湯で寿命を延ばす可能性

北海道大学大学院薬学研究院の武田宏司教授らが体力が弱っている人の胃腸薬として用いられる六君子湯を高齢のマウス(月齢16〜18カ月、人間では約60歳)に飲ませ生存期間を調べたら、中央値で100日近く寿命が延びていることがわかりました。

六君子湯を投与することで長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子が過発に働いていました。

これにより、傷ついた細胞を修復したり、細胞活動のエネルギーを作り出すことで老化を防ぐと言われています。

 

漢方処方の精度を上げる取り組み

漢方薬を選ぶには証を見分ける必要があります。
証は陰と陽、虚と実などの概念で見分けていきます。
陰と陽は病気に対する反応。
虚と実は病気への抵抗力です。
例えば寒気を感じていれば陰、高熱が出ていれば陽と判断し、さらに問診、脈、舌、お腹の張り、書物からの知識と経験などを総合して証を決定します。


東京女子医科大学東洋医学研究所の木村容子准教授はこの証を見立てる精度を上げるために、処方結果のアンケートを取りデータを集積しています。すでに2万人分のデータが集まり、漢方治療のエビデンスを上げようと分析しています。

現在122種類の生薬が医療用に使われています。

 

NHK まるごと東洋医学SPホントのチカラ 9

  • 2018.12.17 Monday
  • 10:12

                                動物にも鍼治療


動物の鍼治療に関する本

森ノ宮医療学園専門学校の横山浩之学術研究員がはりきゅうミュージアムに展示してある動物のツボの本などを紹介してくれました。

 

歩けない犬も鍼で歩けるように

犬のパーシーは変形性脊椎症で骨の棘が神経を圧迫し後ろ足が動きませんでした。そこで鎌倉市にある「かまくらげんき動物病院」で獣医師の石野孝先生に2カ月間鍼治療を受けて走れるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM